呉昌碩 中国絵画・骨董美術品 掛軸買取

呉昌碩 中国絵画・骨董美術品 掛軸買取

ゴールデンウィーク中、私は出張買取などでバタバタと走り回っていましたが、5/7は少し早く帰宅できたので、BSの「なんでも鑑定団」の再放送をみました。職業柄、こういう番組はついつい見てしまうんですよね。
この日は、清朝最後の文人のお宝「呉昌碩」の中国絵画と書を扱っており、自分も鑑定をしている様な目でテレビを見てしまいました。

ここで結果をお知らせする前に、少し呉昌碩の基本知識をご紹介しましょう。
呉昌碩(ごしょうせき1844~1927)は、清時代の末~民国の初めの文人画家。「書・画・印」の巨匠といわれた人です。若いときから印学について学び、さらに書画の才能も素晴らしかったといいます。筆力があり、重厚な趣の作品はどれも光り輝いていて、多くの人が魅せられたようです。日本にも呉昌碩の作品を愛する人は多く存在し、高価でも手に入れたいという声を聞きます。

さて、気になる「なんでも鑑定団」の鑑定結果ですが、255万円。中国絵画の方は、落款に「公陽仁兄大人雅属山陰痩石」とあったようで呉昌碩の作品ではなかったため、査定額は5万円でしたが、書の方は250万円という金額になりました。呉昌碩は前述のとおり大変人気があり、状態の良いものですと、高額で取引されています。

さて、ゴールデンウィーク中に、蔵の整理などをされた方はいらっしゃいませんか?結構掛軸などが出てくることがあるようです。もし、中国骨董品、中国美術品などが出てきた!という場合、このようなお宝の可能性もあります。ぜひ、私が鑑定させていただきますので、ご連絡ください。お待ちしています。

中国美術品 掛軸や陶器を高価買取致します。

現在、勢いのある中国が昔日本に流れた中国の美術品や骨董品を買戻しに来ている傾向がございます。
必然的に価格は高騰し、数十万で買われた掛軸や壷などが数百万から数千万で取引されております。
作家にもよりますが、想像を遥かにに上回る価格で買取出来る場合もございますので、
汚れているから。。状態が悪いから。。と捨ててしまう前に、当社専門店までお気軽にお問い合わせ下さい。

お品物一覧

青花、五彩、粉彩、青磁、白磁、辰砂、七宝、琺瑯、釉裡紅、景徳鎮、龍泉窯、磁州窯、釣窯、哥窯、汝窯 翡翠、珊瑚、玉、白玉、古家具、古書、中国古銭、中国切手

作家ご紹介

仇英(きゅうえい)、文徴明(ぶんちょうめい)、黄君壁(こうくんぺき)王一亭(おういってい) 、王鐸(おうたく) 、白雪石(はくせっせき)石濤(せきとう)、任伯年(にんぱくねん)、朱銘(しゅめい)、何紹基(かしょうき)、呉昌碩(ごしょうせき)、呉冠中(ごかんちゅう)、李可染(りかせん)、林風眠(りふうみん)、金農(きんのう)范曽(はんそう)、孫文(そんぶん)、徐悲鴻(じょひこう)、潘天寿(はんてんじゅ)康有為(こうゆうい)、張大千(ちょうたいせん)、張瑞図(ちょうずいとう)、郭沫若(かくまつじゃく)梁啓超(りょうけいちょう)、陳逸飛(ちんいっぴ)、楊守敬(ようしゅけい)、董其昌(とうきしょう)董寿平(とうじゅへい)、斉白石(さいはくせき)、啓功(けいこう)、趙之謙(ちょうしけん)、鄭板橋(ていはんきょう)、傅山(ふざん)、藍瑛(らんえい)、王沂東、靳尚誼、朱屺瞻、陳丹青、艾軒、羅中立、詹建俊、陳澄波、全山石、趙無極、呉大羽、衛天霖、劉小東王玉琦、陳永林、楊三郎、藍隠鼎、張蘭傳



«   |   »


LINE買取り承わります。
店舗へのアクセス
テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーにTV出演

買取り品目ページ

  • 茶道具
  • 中国美術品
  • 絵画
  • 掛け軸
  • 香木(伽羅・沈香)
  • 置物
  • 着物
  • 西洋アンティーク
  • 翡翠
  • 武具・甲冑
  • 古書
  • 彫刻品
  • 陶器
  • 壺
  • 珊瑚
  • 古銭
  • 象牙
  • 和楽器
  • 書道具

カテゴリー

過去の記事

会社概要

株式会社かぐら堂
東京 目黒店
〒152-0002
東京都目黒区目黒本町4-18-9 1F

埼玉 和光店 本社
〒351-0112
埼玉県和光市丸山台2-6-20 1F

古物営業許可証
東京都公安委員会
第303301804593
埼玉県公安委員会
第431040031602
特別国際種事業者
登録番号00067

持込買取店舗

株式会社かぐら堂 目黒店

店舗へのアクセスはこちら

株式会社かぐら堂 和光店

店舗へのアクセスはこちら