三味線の買取・鑑定・査定

諸説ありますが、中国の「三絃(さんしぇん)」という楽器が日本に渡り、「三味線」と呼ばれるようになったというのが一般的な三味線の始まりです。多数の和楽器は飛鳥時代や奈良時代などはるか昔に伝来していますが、三味線は1558~70年ごろといわれており、ザビエルが来日した前後と比較的新しい存在。これまで琵琶が担っていた位置にすっぽりと納まり、演奏性が高く軽く持ち運びがしやすいとあっという間に広まりました。地唄・浄瑠璃・歌舞伎・長唄・江戸小歌曲など、江戸文化に欠かせない存在で、現在でも津軽三味線など新しい分野が確立されつつあります。
三味線の構造は太鼓のような胴から棹を伸ばし、3本の糸を張ってバチでかき鳴らす弦楽器らしいもの。皮は練習用は合皮ということもありますが、一般的には犬皮で、猫皮のほうが希少性があります。また、棹の木材や細工によっても大きく上下し、花梨、紫壇、紅木の順に高額となります。トータルで高額査定となりやすい組み合わせといえば、「紅木」の棹で継ぎ手部分に18金や9金で加工を施した「金細」、胴は彫りを施した「綾杉胴」が鉄板です。
三味線に使われる素材を取り巻く現状は年々厳しくなっているのが現状。以前はタイや台湾から輸入していた犬や猫の皮は製造中止となり、上質な音を出すのに欠かせない紅木はワシントン条約で規制されるなど存続の危機を感じる程です。そのため、状態のよいものや希少なものであればびっくりするような買取査定となることも稀ではありません。

三味線を高価買取いたします。お気軽に鑑定をご相談下さい。

  • 出張買取

    買取価格110,000円

    太棹 津軽三味線 綾杉彫

  • 出張買取

    買取価格90,000円

    太棹 津軽三味線 子持ち綾杉彫

  • 出張買取

    買取価格000,000円

    準備中です

  • 出張買取

    買取価格000,000円

    準備中です

当社が選ばれる3つの理由

  1. 熟練スタッフの査定により高価買取を実現!

    かぐら堂グループの「日本・中国骨董品買取協会」では、お客様が売却をお考えのさまざまなジャンルの査定品を鑑定するキャリア10年~20年の専門スタッフが在籍しております。

    もちろんスタッフ全員がお客様にご満足いただける高額買取を実現するために、茶道具や掛軸、アンティーク家具・食器、翡翠に珊瑚、陶磁器、刀剣、古書、絵画などの専門的な知識を習得し、それぞれの相場を十分考慮した上で当社に利益が残るギリギリの買取り額をご提示させていただきますのでどうかご安心してお任せくださいませ。

    おかげさまで当社は、今までの地道な買取実績を認めていただき、年間買取り数は300件を越え、80%以上のご成約率を達成することも出来ました。また、業界大手の買取り会社様に査定精度の高さを認めていただき、買取りのご依頼を承るようにもなりました。

  2. お客様のご負担額は一切無料

    お客様が出張買取りをご依頼された場合でも、出張費や交通費などの費用は一切必要ございません。また宅配便で弊社にお品物をお送りいただく場合も「着払い」をご利用いただくことでお客様のご負担額は0円でございます。

    もちろん当社がお客様の希望される買取金額をご提示できなかった場合でも手数料などの諸費用は一切頂いておりません。

    お問い合わせいただいた時点で高額品と判断させて頂いた場合は、出張可能エリアに限らず全国どこへでも無料でお伺いさせていただきますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

  3. 幅広い商品を
一度に査定可能です!

    ◯大切なご家族を亡くされて
    「遺品整理」をお考えの方。
    ◯お引越しのタイミングに合わせて
    美術品や骨董品を処分したい方。
    ◯急にお金が必要に・・・。
    アンティーク品が高く売れるなら
    手放したい方。
    ◯近所のリサイクルショップに買い
    取ってもらうのは不安だという方。


    当社では幅広い分野の骨董品に精通しております。お客様が売却をお考えのお品物がたくさんございます場合でも、お客様の大切な想い出のお品ひとつひとつ精度の高い査定をさせて頂くます。

    「ご自宅一軒丸ごと」といった査定でも大丈夫です。おまとめ査定をご希望のお客様は、お電話にてお申し付けくださいませ。

骨董品全般のご売却、処分についてお気軽にご相談ください

三味線の鑑定ポイント

古近江の名器

三味線には23の名器が存在し、大変な高値となることが予想されます。23の名器とは、千鳥・雁金・磯千鳥・初雪・初雁・芝笛・小松・郭公・棹鹿・荒磯・鶯・鈴虫・鳴子・雉子・巻砧・山川・浪の音・明の鐘・春雨・鳴戸・鼓が滝・水鷄・山鳥。さらに、山彦や、淀、松風や松虫・九重・吉野・八ツ橋などもよく知られています。

適切な保管

三味線の音は皮の柔軟性によって、大きく印象を変えますが、皮は時折使わなければ硬くなり破れてしまいます。時折虫干しや乾拭き、少し弾いてみるなど簡単なお手入れをするよう心がけましょう。

付属物は揃えておく

バチやバチ入れ、駒・指スリ・膝ゴム・三味線袋など付属品があれば査定の際にすべて揃えておくことをおすすめします。三味線単体に付属品の買取査定額をプラスすることも可能です。また、ほかの和楽器を一緒に査定するのも高額査定のポイントとなりますので、お手元に眠っているものがあれば一緒にご相談ください。

三味線を知り尽くしたプロの鑑定士に依頼する

三味線を正しくスピーディーに鑑定するには歴史や作者、構造や素材についての知識や見分ける目を持っていることが大切です。また、最新の市場価値についても動向を絶えずチェックし続ける必要があります。大切な三味線がふさわしくない価格で処分されてしまうのは忍びないもの。買取であれば、その価値を見分け査定することができる専門家へ依頼することをおすすめします。当店は全員が資格を持ったプロの査定員です。出張鑑定や電話相談も行っているので、どんな小さなこともまずは私どもへご相談ください。

買取までの流れ
関東エリアを中心に、無料で出張買取にお伺い致します
骨董品全般のご売却、処分についてお気軽にご相談ください

和楽器


LINE買取り承わります。
店舗へのアクセス
テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーにTV出演

買取り品目ページ

  • 茶道具
  • 中国美術品
  • 絵画
  • 掛け軸
  • 香木(伽羅・沈香)
  • 置物
  • 着物
  • 西洋アンティーク
  • 翡翠
  • 武具・甲冑
  • 古書
  • 彫刻品
  • 陶器
  • 壺
  • 珊瑚
  • 古銭
  • 象牙
  • 和楽器

カテゴリー

過去の記事

会社概要

株式会社かぐら堂
東京 目黒店
〒152-0002
東京都目黒区目黒本町4-18-9 1F

埼玉 和光店 本社
〒351-0112
埼玉県和光市丸山台2-6-20 1F

古物営業許可証
東京都公安委員会
第303301804593
埼玉県公安委員会
第431040031602

持込買取店舗

株式会社かぐら堂 目黒店

店舗へのアクセスはこちら

株式会社かぐら堂 和光店

店舗へのアクセスはこちら