棗(なつめ)の鑑定・査定・買取をお考えの方へ

棗(なつめ)とは、茶道で使われる茶器の一つで、抹茶を入れる容れ物のことです。今でこそ抹茶の容れ物として使われていますが、安土桃山時代には薄茶と濃茶の区別がなかっ たため、使い分けがされていませんでした。

棗という名前は、中国から西アジアにかけてが原産の落葉樹の果実に形が似ていることからつけられています。中国では生薬として使われています。

茶道具としての棗は、薄茶を入れることから「薄茶器」とも呼ばれ、木でできており漆塗りが施された表面に絵が描かれています。一方千利休の時代まで一般的だった濃茶を入れる容れ物は、「茶入れ」と呼ばれ、花瓶や壺に似た容れ物です。古くから使われていることもあり、棗は高価買取の対象となっています。

棗の種類

棗には先にご紹介したように、古くから茶人たちに愛用されてきたことから様々な形があり、大きく分けて棗系と中次系があります。千利休が作った棗に似た形のものが棗系、丸い筒型のものが中次系で、それぞれ名称がついています。どういった特徴があるのか詳しく見ていきましょう。

小棗

棗の基本形は、利休棗と呼ばれる千利休が好み、その流派に受け継がれたもので、大きさによって呼び名が違います。一番小さなものが小棗と呼ばれる棗で、大きさは一寸六分半(約5cm)で濃茶用です。ただし小棗は中棗や大棗と違い、大きさに決まりはありません。黒無地が基本とされています。

中棗

中棗は大きさが二寸二分(約6.6cm)と決まっており、中棗であれば同じ大きさとなっています。薄茶と濃茶の兼用として使用されていたものです。黒無地の小棗と違い、中棗は蒔絵などが施された豪華なものも多くあります。

大棗

棗の中で最も大きく、薄茶専用として使われていたのが大棗です。大きさは二寸六分半(約8cm)と決められています。利休好みとされるのは無地の棗ですが、中棗と同じく大棗も時代によって装飾が施されたものが多くあります。

平棗

利休棗の基本の形を平たくしたのが平棗です。茶を入れる身の部分が低めになっているため、他の棗に比べてふたを受ける部分が真ん中に近くなっています。横に広がった形になっているのが特徴です。

細棗

棗の基本形を縦に引き延ばした形になっているのが細棗です。長棗とも呼ばれます。基本の形は棗であるため、茶筒のように真っ直ぐではなく、下がつぼまっているのが特徴です。

昔茶器

千利休の時代に使われていた棗より以前に使われていた薄茶器のことを昔茶器と呼びます。形は平棗に似ていますが、ふたの部分が違い、茶桶型をしています。室町時代の茶人である村田珠光が好んだことから、珠光好み、珠光名物とも呼ばれます。

金輪寺

日本で最初の塗物茶器とされるのが、金輪寺です。真っ直ぐな胴で、ふたは置蓋となっています。ふたは丸みを帯びて傘のように外に広く出ているのが特徴です。小型の経筒(経典を入れる物)を転用したともいわれています。名の由来は後醍醐天皇が金輪寺で使用したからという説があります。

雪吹

ふたの上角と胴の下角が面取されている薄茶器です。天地が同じように面取されていて上下が一見して分からないことからこの名が付けられました。吹雪ではなく逆に書くのは「天地分からぬ」という意味が込められているためです。

老松

山崎の戦いで秀吉の陣所となった山崎妙喜庵の書院の前庭に、待庵という茶室があり、そこに植えられていた松が枯れた時に、この松を使って作られたのが老松茶器です。碁石入れのような器に、割り蓋が載せられています。この蓋は蝶番が使われていて、半分開けることができるようになっています。

中次

筒型の薄茶器のことで、真ん中に継ぎ目があり、蓋と身が分けられることから中次と呼ばれています。この合わせ目のことを「合口」といいます。中央に合口があるものは「真中次」と呼ばれます。

面中次

中次の蓋の肩を面取したものを面中次といいます。雪吹は上下とも面取がされていますが、面中次は蓋の部分だけという違いがあります。中次よりも蓋が浅く作られています。

高価買取される棗の特徴

古くから使われてきた棗ですが、古いものであれば高く買い取ってもらえるというわけではありません。逆に家にあったよく知らない棗が高値で買取されることもあります。そこで、どういったものであれば高価買取の対象になるのか詳しく見ていきましょう。

気密性(密閉度)が高いもの

棗は蓋と本体がセットになっており、抹茶を保管し持ち運ぶことが目的の茶器です。そのため、きっちりと蓋ができる気密性や密閉度が高いものであることが重要となってきます。高価な物ほど隙間なく丁寧に作られています。

箱書や書付のあるもの

棗を保管してある箱は、作者など重要な手がかりとなることが多いため、一緒に鑑定してもらう必要があります。作者の署名がある箱書や書付があると評価が高くなり、高価買取の可能性が高くなります。

保存状態が良いもの

棗は様々な素材で作られていますが、保管状態が悪いとひび割れやカケなどが発生してしまうことがあります。そうなるとどんなに貴重なものであっても評価が下がってしまいます。丁寧に大切に保管してあり、きれいな状態であることが査定で高評価を得ることになり、高価買取につながります。

専門家に鑑定・買取を依頼したもの

棗には様々な種類や形があるため、一見して本物か偽物かを判断することができません。そのため価値ある物が低い評価を受けて販売されてしまうこともあります。専門家に鑑定してもらったものであれば、買取の際に信頼されることになりますので、一度鑑定してもらい鑑定書を作成してもらうことをおすすめします

当社が選ばれる3つの理由

  1. 熟練スタッフの査定により高価買取を実現!

    かぐら堂グループの「日本・中国骨董品買取協会」では、お客様が売却をお考えのさまざまなジャンルの査定品を鑑定するキャリア10年~20年の専門スタッフが在籍しております。

    もちろんスタッフ全員がお客様にご満足いただける高額買取を実現するために、茶道具や掛軸、アンティーク家具・食器、翡翠に珊瑚、陶磁器、刀剣、古書、絵画などの専門的な知識を習得し、それぞれの相場を十分考慮した上で当社に利益が残るギリギリの買取り額をご提示させていただきますのでどうかご安心してお任せくださいませ。

    おかげさまで当社は、今までの地道な買取実績を認めていただき、年間買取り数は300件を越え、80%以上のご成約率を達成することも出来ました。また、業界大手の買取り会社様に査定精度の高さを認めていただき、買取りのご依頼を承るようにもなりました。

  2. お客様のご負担額は一切無料

    お客様が出張買取りをご依頼された場合でも、出張費や交通費などの費用は一切必要ございません。また宅配便で弊社にお品物をお送りいただく場合も「着払い」をご利用いただくことでお客様のご負担額は0円でございます。

    もちろん当社がお客様の希望される買取金額をご提示できなかった場合でも手数料などの諸費用は一切頂いておりません。

    お問い合わせいただいた時点で高額品と判断させて頂いた場合は、出張可能エリアに限らず全国どこへでも無料でお伺いさせていただきますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

  3. 幅広い商品を
一度に査定可能です!

    ◯大切なご家族を亡くされて
    「遺品整理」をお考えの方。
    ◯お引越しのタイミングに合わせて
    美術品や骨董品を処分したい方。
    ◯急にお金が必要に・・・。
    アンティーク品が高く売れるなら
    手放したい方。
    ◯近所のリサイクルショップに買い
    取ってもらうのは不安だという方。


    当社では幅広い分野の骨董品に精通しております。お客様が売却をお考えのお品物がたくさんございます場合でも、お客様の大切な想い出のお品ひとつひとつ精度の高い査定をさせて頂くます。

    「ご自宅一軒丸ごと」といった査定でも大丈夫です。おまとめ査定をご希望のお客様は、お電話にてお申し付けくださいませ。

当社が選ばれる3つの理由

選ばれる理由その1、熟練スタッフの査定により高価買取りを実現

選ばれる理由その1、熟練スタッフの査定により高価買取りを実現

当社では、査定品物別に鑑定歴10年?20年の専門スタッフがおります。
各自お品物の相場を知り尽くしている充分な知識を持ったスタッフでございます。
この熟練のスタッフがお客様のお品物を査定致しますので、
相場を考慮した上で利益の出るギリギリの買取り額をご提示する事が出来ます。
これにより高価買取りを可能にしております。
おかげさまで年間買取り数は300件以上。およそ80%以上のご成約率を達成。
また、大手買取り会社様から買取り依頼を承る事もあり、査定精度の高さには自信を持っております。

選ばれる理由その2、お客様のご負担額は一切無料

選ばれる理由その2、お客様のご負担額は一切無料

出張買取りの場合でもお客様ご負担額は0円!
出張費、交通費など一切かかりません!

宅配買取りの場合は、着払いでお品物を送って頂ければOK!ご負担額は0円!
さらにお客様のご希望金額に達しなかった場合でも手数料等は頂いておりません。
お問い合わせの段階で高額と判断させて頂いた場合は、出張エリアに限らず全国無料出張致します。

選ばれる理由その3、幅広い商品を一度に査定可能です

選ばれる理由その3、幅広い商品を一度に査定可能です
  • 遺品整理をしたいけれど、どこかにまとめて頼めないだろうか?
  • 引っ越しをする際に、不要な骨董品を処分したい。
  • 急にお金が必要になり、もし値のつく骨董品なら売ってしまいたい…

当社では広い分野の骨董品に精通しておりますので、
売りたい骨董品が多い場合は、まとめてご依頼して頂いても、
1点1点精度の高い査定額を提示させて頂く事が可能です。
たとえば遺品整理やお引っ越しの場合は家一軒丸ごと査定も可能です。
おまとめ査定をご希望の方は、お電話にてお知らせ下さい。


骨董品全般のご売却、処分についてお気軽にご相談ください

骨董品・美術品の買取のご相談を承っております。

フリーダイヤル0120-463-111電話受付時間10:00?21:00

店舗案内
無料査定のご依頼 LINE査定のご依頼
買取までの流れ
関東エリアを中心に、無料で出張買取にお伺い致します
骨董品全般のご売却、処分についてお気軽にご相談ください

骨董品・美術品の買取のご相談を承っております。

フリーダイヤル0120-463-111電話受付時間10:00?21:00

店舗案内
無料査定のご依頼 LINE査定のご依頼

骨董品全般のご売却、処分についてお気軽にご相談ください

買取までの流れ
関東エリアを中心に、無料で出張買取にお伺い致します
LINE(ライン)査定承ります

茶道具


LINE買取り承わります。
店舗へのアクセス
テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーにTV出演

買取り品目ページ

  • 茶道具
  • 中国美術品
  • 絵画
  • 掛け軸
  • 香木(伽羅・沈香)
  • 置物
  • 着物
  • 西洋アンティーク
  • 翡翠
  • 武具・甲冑
  • 古書
  • 彫刻品
  • 陶器
  • 壺
  • 珊瑚
  • 古銭
  • 象牙
  • 和楽器
  • 書道具

カテゴリー

過去の記事

会社概要

株式会社かぐら堂
東京 目黒店
〒152-0002
東京都目黒区目黒本町4-18-9 1F

埼玉 和光店 本社
〒351-0112
埼玉県和光市丸山台2-6-20 1F

古物営業許可証
埼玉県公安委員会
第431040031602
特別国際種事業者
登録番号00067

持込買取店舗

株式会社かぐら堂 目黒店

株式会社かぐら堂 和光店

株式会社かぐら堂 朝霞店

※ご来店の際はご予約を必ずお願い致します。