茶入の買取・鑑定・査定

茶道具の1つである「茶入」は、抹茶を入れるための入れ物です。
茶入は濃茶のお点前に使用するもので、一般的な”お抹茶”であるお薄の場合は木製の「棗」を使用します。茶入は陶器で作られており、蓋は象牙や塗で仕上げられています。
形は大きく分けて、ツルリとした流線型の「肩衝(かたつき)」や、壺のような丸みを帯びた「丸壺」など8種類があり、専用の袋「仕覆(しふく)」が付属しています。
千利休が活躍した時代にもすでにあり、1つで城が建つほど高価なものもありました。
そもそも大陸からやって来たものなので、陶磁器で作られた唐物と日本で生産された和物にも分けることができ、産地や時代によって価値が大きく異なります。

茶入・3種類ご紹介!

和物茶入れ

濃茶を入れる茶入れは、当初は中国で作られた陶磁器が使われていました。
やがて茶の湯が広く伝わり、需要が増えたことから日用品の陶器を焼いていた尾張の瀬戸で茶入れが作られるようになります。
瀬戸焼独自の技法である釉薬を器全体にかけた瀬戸釉は、中国の陶磁器を再現できたからで、この技法によって作られた陶器は古瀬戸と呼ばれ重宝されました。
やがて瀬戸焼独自の茶入れも作られるようになりましたが、和物茶入れというと瀬戸茶入れを指し、その他の日本で作られた茶入れは国焼茶入れとして区別されています。

唐物茶入れ

唐物茶入れは、中国の宋代から元代に作られた茶入れのことです。
宋代に作られた初期のものは漢作唐物と呼ばれ、それ以降に作られた唐物よりも上作とされています。日本に輸入され、足利将軍家の御物となったことから高く評価されるようになりました。
唐物は茶人によって認められたものでないと価値がないとされ、権威付けされたものは歴代の茶人たちや武将たちに珍重されるようになります。
そのため、戦国時代には茶入れは一国一城の価値があるとされ、力の象徴ともなったのです。やがて和物茶入れが多く作られるようになり、唐物茶入れは実用として使われることは少なくなっていきますが、そのために唐物茶入れの価値は上がり、最高級の茶入れとして後の世に伝わっています。

島物茶入れ

東南アジアなど南方の国で使われていた香料入れなどが、日本で茶入れとして転用されたものを島物茶入れといいます。
輸入されてきた外国陶器の中で、産地がはっきりと分からないものを総称して呼ぶこともあります。唐物茶入れと違い、耳が付いていることが特徴であり、使われている土や釉薬の技術の質はそれほど高くないものの、一種の雅を感じられるものとして評価されたと考えられています。

茶入の高額査定と鑑定のポイント

茶入は茶器としてだけでなく、美術品や骨董品としての評価も高いです。もし売却するのであれば、茶道具に精通した専門家に鑑定を依頼することが高価買取の一番の近道です。ここでは茶入の査定ポイントについてお伝えしていきます。

ポイント1 作家物

「柿右衛門」や「野々村仁清」など超有名作家が手がけた茶入は人気が高く、高額査定の傾向があります。もちろん、作者不明でも状態がよければ高価買取となりますのでご安心ください。

ポイント2 産地

安土桃山時代に作られた古瀬戸や宗時代の唐物は特に高額など、時代と産地によって鑑定結果は大きく左右されます。

ポイント3 附属品の有無

茶入に合わせて仕立てた仕覆や蓋、木箱などの附属品も一緒に鑑定することでさらに鑑定額に弾みを付けることができます。特に象牙の蓋は高価買取のポイントとなりますので、忘れずご用意ください。

引越しをする、受け継いだが茶道はしないなど、茶入を手放す場合は売却がおすすめです。茶入本来の価値を知りたい場合は、茶器鑑定のプロである「かぐら堂」までお気軽にご連絡ください。当店は東京・埼玉・神奈川・千葉など関東全域でプロによる出張無料鑑定も行っており、迅速かつ正確に価値をお伝えすることができます。

当社が選ばれる3つの理由

  1. 熟練スタッフの査定により高価買取を実現!

    かぐら堂グループの「日本・中国骨董品買取協会」では、お客様が売却をお考えのさまざまなジャンルの査定品を鑑定するキャリア10年~20年の専門スタッフが在籍しております。

    もちろんスタッフ全員がお客様にご満足いただける高額買取を実現するために、茶道具や掛軸、アンティーク家具・食器、翡翠に珊瑚、陶磁器、刀剣、古書、絵画などの専門的な知識を習得し、それぞれの相場を十分考慮した上で当社に利益が残るギリギリの買取り額をご提示させていただきますのでどうかご安心してお任せくださいませ。

    おかげさまで当社は、今までの地道な買取実績を認めていただき、年間買取り数は300件を越え、80%以上のご成約率を達成することも出来ました。また、業界大手の買取り会社様に査定精度の高さを認めていただき、買取りのご依頼を承るようにもなりました。

  2. お客様のご負担額は一切無料

    お客様が出張買取りをご依頼された場合でも、出張費や交通費などの費用は一切必要ございません。また宅配便で弊社にお品物をお送りいただく場合も「着払い」をご利用いただくことでお客様のご負担額は0円でございます。

    もちろん当社がお客様の希望される買取金額をご提示できなかった場合でも手数料などの諸費用は一切頂いておりません。

    お問い合わせいただいた時点で高額品と判断させて頂いた場合は、出張可能エリアに限らず全国どこへでも無料でお伺いさせていただきますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

  3. 幅広い商品を
一度に査定可能です!

    ◯大切なご家族を亡くされて
    「遺品整理」をお考えの方。
    ◯お引越しのタイミングに合わせて
    美術品や骨董品を処分したい方。
    ◯急にお金が必要に・・・。
    アンティーク品が高く売れるなら
    手放したい方。
    ◯近所のリサイクルショップに買い
    取ってもらうのは不安だという方。


    当社では幅広い分野の骨董品に精通しております。お客様が売却をお考えのお品物がたくさんございます場合でも、お客様の大切な想い出のお品ひとつひとつ精度の高い査定をさせて頂くます。

    「ご自宅一軒丸ごと」といった査定でも大丈夫です。おまとめ査定をご希望のお客様は、お電話にてお申し付けくださいませ。

当社が選ばれる3つの理由

選ばれる理由その1、熟練スタッフの査定により高価買取りを実現

選ばれる理由その1、熟練スタッフの査定により高価買取りを実現

当社では、査定品物別に鑑定歴10年?20年の専門スタッフがおります。
各自お品物の相場を知り尽くしている充分な知識を持ったスタッフでございます。
この熟練のスタッフがお客様のお品物を査定致しますので、
相場を考慮した上で利益の出るギリギリの買取り額をご提示する事が出来ます。
これにより高価買取りを可能にしております。
おかげさまで年間買取り数は300件以上。およそ80%以上のご成約率を達成。
また、大手買取り会社様から買取り依頼を承る事もあり、査定精度の高さには自信を持っております。

選ばれる理由その2、お客様のご負担額は一切無料

選ばれる理由その2、お客様のご負担額は一切無料

出張買取りの場合でもお客様ご負担額は0円!
出張費、交通費など一切かかりません!

宅配買取りの場合は、着払いでお品物を送って頂ければOK!ご負担額は0円!
さらにお客様のご希望金額に達しなかった場合でも手数料等は頂いておりません。
お問い合わせの段階で高額と判断させて頂いた場合は、出張エリアに限らず全国無料出張致します。

選ばれる理由その3、幅広い商品を一度に査定可能です

選ばれる理由その3、幅広い商品を一度に査定可能です
  • 遺品整理をしたいけれど、どこかにまとめて頼めないだろうか?
  • 引っ越しをする際に、不要な骨董品を処分したい。
  • 急にお金が必要になり、もし値のつく骨董品なら売ってしまいたい…

当社では広い分野の骨董品に精通しておりますので、
売りたい骨董品が多い場合は、まとめてご依頼して頂いても、
1点1点精度の高い査定額を提示させて頂く事が可能です。
たとえば遺品整理やお引っ越しの場合は家一軒丸ごと査定も可能です。
おまとめ査定をご希望の方は、お電話にてお知らせ下さい。


骨董品全般のご売却、処分についてお気軽にご相談ください

骨董品・美術品の買取のご相談を承っております。

フリーダイヤル0120-463-111電話受付時間10:00?21:00

店舗案内
無料査定のご依頼 LINE査定のご依頼
買取までの流れ
関東エリアを中心に、無料で出張買取にお伺い致します
骨董品全般のご売却、処分についてお気軽にご相談ください

骨董品・美術品の買取のご相談を承っております。

フリーダイヤル0120-463-111電話受付時間10:00?21:00

店舗案内
無料査定のご依頼 LINE査定のご依頼

骨董品全般のご売却、処分についてお気軽にご相談ください

買取までの流れ
関東エリアを中心に、無料で出張買取にお伺い致します
LINE(ライン)査定承ります

茶道具


LINE買取り承わります。
店舗へのアクセス
テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーにTV出演

買取り品目ページ

  • 茶道具
  • 中国美術品
  • 絵画
  • 掛け軸
  • 香木(伽羅・沈香)
  • 置物
  • 着物
  • 西洋アンティーク
  • 翡翠
  • 武具・甲冑
  • 古書
  • 彫刻品
  • 陶器
  • 壺
  • 珊瑚
  • 古銭
  • 象牙
  • 和楽器
  • 書道具

カテゴリー

過去の記事

会社概要

株式会社かぐら堂
東京 目黒店
〒152-0002
東京都目黒区目黒本町4-18-9 1F

埼玉 和光店 本社
〒351-0112
埼玉県和光市丸山台2-6-20 1F

古物営業許可証
埼玉県公安委員会
第431040031602
特別国際種事業者
登録番号00067

持込買取店舗

株式会社かぐら堂 目黒店

株式会社かぐら堂 和光店

株式会社かぐら堂 朝霞店

※ご来店の際はご予約を必ずお願い致します。