十三絃琴の買取・査定・鑑定

もっとも一般的なお琴といえば現在は「十三絃琴」を指しており、名前に”十三”とある通り13本の弦を持つ箏(そう)です。弦は1から10まではそのまま数えますが11本目は斗(と)、12本目は為(い)、13本目は巾(きん)と数えます。これは、そもそも1本目2本目と数えるのではなく、1本目を仁(じん)、2本目を智(ち)、続いて礼(れい)、義(ぎ)、信(しん)、文(ぶん)、武(ぶ)、斐(ひ)、蘭(らん)、商(しょう)、斗(と)、為(い)、巾(きん)と呼んでいたことの名残。これは伝来時のものであり、一音ごとに「仁は思いやり」など意味が込められています。時代の流れとともに漢数字に置き換えることとなるのですが、十一や十二など2文字になると楽譜が読みにくくなるため、3つだけそのまま残ったのです。
長らく雅楽を演奏する高貴な楽器として庶民には縁のない存在でしたが、江戸初期にその流れが一変。庶民にも身近な存在となり、京都を中心に急速に広まりました。
この頃に生まれたのが山田流と生田流ですが、流派によって同じ十三絃琴もサイズが異なります。京都生まれの生田流は6尺2寸、江戸生まれの山田流は6尺、それぞれの畳のサイズに合わせた結果、2寸の差ができたのです。

お稽古用として合板で制作した粗悪品が出回った時期もありますが、現在は品質は落ち着いている傾向にあります。高額なものは木目や材質など選び抜かれた木材をアク抜きのために雨ざらしにしつつ、数年かけて乾かしていき、象牙や鯨の骨で細工を施します。コレクターも多いなど美しさも査定の対象になる十三絃琴ですが、その大きさから保管場所に困っている方も少なくありません。

十三絃琴を高価買取いたします。お気軽に鑑定をご相談下さい。

  • 出張買取

    買取価格000,000円

    準備中です

  • 出張買取

    買取価格000,000円

    準備中です

  • 出張買取

    買取価格000,000円

    準備中です

  • 出張買取

    買取価格000,000円

    準備中です

当社が選ばれる3つの理由

  1. 熟練スタッフの査定により高価買取を実現!

    かぐら堂グループの「日本・中国骨董品買取協会」では、お客様が売却をお考えのさまざまなジャンルの査定品を鑑定するキャリア10年~20年の専門スタッフが在籍しております。

    もちろんスタッフ全員がお客様にご満足いただける高額買取を実現するために、茶道具や掛軸、アンティーク家具・食器、翡翠に珊瑚、陶磁器、刀剣、古書、絵画などの専門的な知識を習得し、それぞれの相場を十分考慮した上で当社に利益が残るギリギリの買取り額をご提示させていただきますのでどうかご安心してお任せくださいませ。

    おかげさまで当社は、今までの地道な買取実績を認めていただき、年間買取り数は300件を越え、80%以上のご成約率を達成することも出来ました。また、業界大手の買取り会社様に査定精度の高さを認めていただき、買取りのご依頼を承るようにもなりました。

  2. お客様のご負担額は一切無料

    お客様が出張買取りをご依頼された場合でも、出張費や交通費などの費用は一切必要ございません。また宅配便で弊社にお品物をお送りいただく場合も「着払い」をご利用いただくことでお客様のご負担額は0円でございます。

    もちろん当社がお客様の希望される買取金額をご提示できなかった場合でも手数料などの諸費用は一切頂いておりません。

    お問い合わせいただいた時点で高額品と判断させて頂いた場合は、出張可能エリアに限らず全国どこへでも無料でお伺いさせていただきますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

  3. 幅広い商品を
一度に査定可能です!

    ◯大切なご家族を亡くされて
    「遺品整理」をお考えの方。
    ◯お引越しのタイミングに合わせて
    美術品や骨董品を処分したい方。
    ◯急にお金が必要に・・・。
    アンティーク品が高く売れるなら
    手放したい方。
    ◯近所のリサイクルショップに買い
    取ってもらうのは不安だという方。


    当社では幅広い分野の骨董品に精通しております。お客様が売却をお考えのお品物がたくさんございます場合でも、お客様の大切な想い出のお品ひとつひとつ精度の高い査定をさせて頂くます。

    「ご自宅一軒丸ごと」といった査定でも大丈夫です。おまとめ査定をご希望のお客様は、お電話にてお申し付けくださいませ。

このようなお品物を高くお買取いたします

  • 準備中です

  • 準備中です

  • 準備中です

  • 準備中です

骨董品全般のご売却、処分についてお気軽にご相談ください

骨董品・美術品の買取のご相談を承っております。

フリーダイヤル0120-463-111電話受付時間10:00?21:00

店舗案内
無料査定のご依頼 LINE査定のご依頼

十三絃琴の鑑定ポイント

細工や材質

胴の部分に当たる甲は桐でできていますが、木目の美しさや細工の良し悪しも査定ポイントとなります。また、猫脚や柏葉、竜舌などのパーツに使われている素材にも注目してみましょう。高級な十三絃琴には象牙やクジラの骨・黒檀が使われており、18金や漆で細工されていることもあります。いい素材や細かな細工は高額査定のポイントとなりますので、お手元の十三弦琴を改めてチェックしてみてはいかがでしょか?

保管方法に注意

古来より日本で愛されている和楽器であり風土に根付いたものなので、それほど神経質になる必要はありませんが保管場所には少し気を使うことをおすすめします。直射日光が当たる場所はもちろん、空調の風が当たりやすい場所や湿気が溜まる場所で保管することで、割れや狂い・カビなどが生じる恐れがあります。できれば月に一度など定期的に出して乾拭きや虫干しをすることをおすすめします。

正確な鑑定なら専門家に任せましょう

素材や細工、作者など十三弦琴を買取するポイントは多々あります。また、それだけでなく現在の市場相場についても知識がなければ正確な買取額を査定することはできないのです。買取店を謳う場所は多くなってきていますが、どこに出しても同じ査定結果となる訳でなく、一番価値を把握しているところに依頼するのが鉄則となっています。初めて買取を希望される方は、不安に思われることも多いかもしれませんが当店スタッフはすべて資格を持ったプロの鑑定士です。和楽器の買取でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

買取までの流れ
関東エリアを中心に、無料で出張買取にお伺い致します
骨董品全般のご売却、処分についてお気軽にご相談ください

骨董品・美術品の買取のご相談を承っております。

フリーダイヤル0120-463-111電話受付時間10:00?21:00

店舗案内
無料査定のご依頼 LINE査定のご依頼

LINE買取り承わります。
店舗へのアクセス
テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーにTV出演

買取り品目ページ

  • 茶道具
  • 中国美術品
  • 絵画
  • 掛け軸
  • 香木(伽羅・沈香)
  • 置物
  • 着物
  • 西洋アンティーク
  • 翡翠
  • 武具・甲冑
  • 古書
  • 彫刻品
  • 陶器
  • 壺
  • 珊瑚
  • 古銭
  • 象牙
  • 和楽器

カテゴリー

過去の記事

会社概要

株式会社かぐら堂
東京 目黒店
〒152-0002
東京都目黒区目黒本町4-18-9 1F

埼玉 和光店 本社
〒351-0112
埼玉県和光市丸山台2-6-20 1F

古物営業許可証
東京都公安委員会
第303301804593
埼玉県公安委員会
第431040031602
特別国際種事業者
登録番号00067

持込買取店舗

株式会社かぐら堂 目黒店

店舗へのアクセスはこちら

株式会社かぐら堂 和光店

店舗へのアクセスはこちら