日本画の買取・鑑定・査定

長かった「鎖国」が終焉し、明治時代に西洋文明が入って来たことよって私たちの衣服が「和服」と「洋服」に区別されたように絵画も「日本画」と「西洋画」とに分類されれるようになりました。

江戸時代までは日本画という概念は存在せず、やまと絵、円山四条派、狩野派、琳派、土佐派、南画派などに区別されていましたが、西洋画の技法を取り入れながら近代日本画として成長してまいりました。

日本画の技法は、紙だけでなく布や漆喰などをキャンバスとし、墨、岩絵具、胡粉などの顔料、和紙、絵絹などの伝統的な材料や、時として金箔などを用膠(にかわ)をつなぎとして使用して描き上げていきます。

日本画と洋画の区別を分かりやすく説明しますと、まず第一に非常に誤解されやすい点として、どちらも日本人が描いたものであるということが大前提となります。

陰影や立体感があり、油絵具や水彩絵具などを使って描いた西洋風の絵画のことが洋画で、対して日本画は、明治以前に描かれていた漢画(中国風絵画)や大和絵(日本の伝統的絵画)、浮世絵といったものが、洋画の影響を受けて融合してできたものです。

この西洋と日本が見事に融合して、繊細で美しく趣ある美術品は海外のコレクターからも高い評価を受け、非常に高額な価格で取り引きされています。

このように世界の美術品市場において確固たる地位を確率している日本画ですが、知人からの贈り物や、故人の遺品として相続されたといった具合に、受け取った側としてはその価値が分からず対処に困って、挙句の果てに処分してまうということもよく耳にします。

日本画を高価買取いたします。お気軽に鑑定をご相談下さい。

  • 出張買取

    買取価格 500,000円

    小杉放菴作 吉野西行 掛軸

  • 出張買取

    買取価格350,000円

    伊藤小玻 観桜美人図 掛軸

  • 出張買取

    買取価格100,000円

    粛粲寶 花果同時 掛軸

  • 出張買取

    買取価格80,000円

    小川芋銭 牛 色紙

当社が選ばれる3つの理由

  1. 熟練スタッフの査定により高価買取を実現!

    かぐら堂グループの「日本・中国骨董品買取協会」では、お客様が売却をお考えのさまざまなジャンルの査定品を鑑定するキャリア10年~20年の専門スタッフが在籍しております。

    もちろんスタッフ全員がお客様にご満足いただける高額買取を実現するために、茶道具や掛軸、アンティーク家具・食器、翡翠に珊瑚、陶磁器、刀剣、古書、絵画などの専門的な知識を習得し、それぞれの相場を十分考慮した上で当社に利益が残るギリギリの買取り額をご提示させていただきますのでどうかご安心してお任せくださいませ。

    おかげさまで当社は、今までの地道な買取実績を認めていただき、>年間買取り数は300件を越え、80%以上のご成約率を達成することも出来ました。また、業界大手の買取り会社様に査定精度の高さを認めていただき、買取りのご依頼を承るようにもなりました。

  2. お客様のご負担額は一切無料

    お客様が出張買取りをご依頼された場合でも、出張費や交通費などの費用は一切必要ございません。また宅配便で弊社にお品物をお送りいただく場合も「着払い」をご利用いただくことでお客様のご負担額は0円でございます。

    もちろん当社がお客様の希望される買取金額をご提示できなかった場合でも手数料などの諸費用は一切頂いておりません。

    お問い合わせいただいた時点で高額品と判断させて頂いた場合は、出張可能エリアに限らず全国どこへでも無料でお伺いさせていただきますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

  3. 幅広い商品を
一度に査定可能です!

    ◯大切なご家族を亡くされて
    「遺品整理」をお考えの方。
    ◯お引越しのタイミングに合わせて
    美術品や骨董品を処分したい方。
    ◯急にお金が必要に・・・。
    アンティーク品が高く売れるなら
    手放したい方。
    ◯近所のリサイクルショップに買い
    取ってもらうのは不安だという方。


    当社では幅広い分野の骨董品に精通しております。お客様が売却をお考えのお品物がたくさんございます場合でも、お客様の大切な想い出のお品ひとつひとつ精度の高い査定をさせて頂くます。

    「ご自宅一軒丸ごと」といった査定でも大丈夫です。おまとめ査定をご希望のお客様は、お電話にてお申し付けくださいませ。

このようなお品物を高くお買取いたします

  • 東郷青児 鐘の音 額装

    東郷青児 鐘の音 額装

  • 竹内栖鳳 芋乃子 掛軸

    竹内栖鳳 芋乃子 掛軸

  • 山下 清 ペン画 富士

    山下 清 ペン画 富士

  • 奥田元宋 月光秋映 額装

    奥田元宋 月光秋映 額装

骨董品全般のご売却、処分についてお気軽にご相談ください

日本画の鑑定のポイント

日本画の価値は作家によって大きくかわってきます。日本画だけに限らず美術品や骨董品の世界では当然のことですが製作者の存在は最も重要とされ、査定や鑑定結果に大きく影響します。 日本画の著名な作家としては、明治以前では雪舟や円山応挙、曾我蕭白、仙崖、谷文晃、葛飾北斎、歌川広重、喜多川歌麿など、近代日本画の横山大観、下村観山、鏑木清方、北野恒富、安田靫彦、小林古径、速水御舟、小茂田青樹、小川芋銭、、富田渓仙、川合玉堂、川端龍子、高山辰雄、平山郁夫杉山寧、加山又造ら,そして現代日本画の片岡球子、小倉遊亀、上村淳之草間彌生、奈良美智、山口晃、白髪一雄などがあげられます。

日本画は付属品の有無で買取価格が変わります

日本画の買取査定の際に、付属品を一緒に鑑定に出すとプラス評価となります。日本画における付属品とは箱や額縁などのことをいい、保管する際には日本画とともに大事にしまっておきましょう。

日本画の保管には細心の注意を払いましょう

日本画を鑑定する際の大切ななポイントは「保存状態」です。破損などはもちろんの事、汚れやシミ、ホコリなどもマイナス査定となるので手入れや保管状態には日頃から注意するように心がけておきましょう。

日本画の鑑定は専門家に依頼しましょう

お手元にある日本画の売却を検討されているのであれば、まずは美術品や芸術品を専門に取り扱っている業者に鑑定依頼をするとよいでしょう。

ご自宅から近いという理由だけでリサイクルショップなどに持ち込んだ場合、相場以下の価格で買い取られる恐れがあります。よろしければ日本画に関する専門知識が豊富で現在の市場相場を知り尽くしている当店の担当者にお気軽にご相談ください。

買取までの流れ
関東エリアを中心に、無料で出張買取にお伺い致します
骨董品全般のご売却、処分についてお気軽にご相談ください

絵画


LINE買取り承わります。
店舗へのアクセス
テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーにTV出演

買取り品目ページ

  • 茶道具
  • 中国美術品
  • 絵画
  • 掛け軸
  • 香木(伽羅・沈香)
  • 置物
  • 着物
  • 西洋アンティーク
  • 翡翠
  • 武具・甲冑
  • 古書
  • 彫刻品
  • 陶器
  • 壺
  • 珊瑚
  • 古銭
  • 象牙
  • 和楽器

カテゴリー

過去の記事

会社概要

株式会社かぐら堂
東京 目黒店
〒152-0002
東京都目黒区目黒本町4-18-9 1F

埼玉 和光店 本社
〒351-0112
埼玉県和光市丸山台2-6-20 1F

古物営業許可証
東京都公安委員会
第303301804593
埼玉県公安委員会
第431040031602

持込買取店舗

株式会社かぐら堂 目黒店

店舗へのアクセスはこちら

株式会社かぐら堂 和光店

店舗へのアクセスはこちら

かぐら堂グループ