茶杓の査定や鑑定をお考えの方へ

茶杓(ちゃしゃく・さしゃく)とは茶道具のひとつで、抹茶を棗や茶入から茶碗に入れる際に使用される匙(スプーン)のことをいいます。

素材の多くは竹製で、その竹の種類も晒竹、白竹、実竹、胡麻竹、雲紋竹などがありますが、中でも煤竹(すすたけ)が最高級品とされています。

竹以外の茶杓には象牙やすっぽんの甲羅(鼈甲)、漆塗り、金属製、木製(桜・桑・檜・梅・楓など)のものまで幅広くあります。

茶杓の大きさはだいたい20センチぐらいが主流となりますが、素人の方がご覧になられてもどれも同じような匙にしか見えないかもしれません。

しかし違いが分かる人がご覧になれば非常に奥が深く、抹茶をすくう先端部は「露」、抹茶をすくう箇所は「櫂先」、櫂先の曲がり加減は「撓め」といいます。

その部分より中心部までを「節上」、真ん中を「節」、節の裏側の薄い箇所が「蟻腰」「雉股」で、そこから持ち手部分までを「節下」「追取」、端の部分が「切り止め」となります。

昔の茶杓は茶会毎に用意されることが多く、使用後には破棄されることが多かったため、現存する骨董品級の茶杓は驚くほどの高値で取引されることも珍しくありません。

茶杓を高価買取いたします。お気軽に鑑定をご相談下さい。

  • 出張買取

    買取価格000,000円

    準備中です

  • 出張買取

    買取価格000,000円

    準備中です

  • 出張買取

    買取価格000,000円

    準備中です

  • 出張買取

    買取価格000,000円

    準備中です

当社が選ばれる3つの理由

  1. 熟練スタッフの査定により高価買取を実現!

    かぐら堂グループの「日本・中国骨董品買取協会」では、お客様が売却をお考えのさまざまなジャンルの査定品を鑑定するキャリア10年~20年の専門スタッフが在籍しております。

    もちろんスタッフ全員がお客様にご満足いただける高額買取を実現するために、茶道具や掛軸、アンティーク家具・食器、翡翠に珊瑚、陶磁器、刀剣、古書、絵画などの専門的な知識を習得し、それぞれの相場を十分考慮した上で当社に利益が残るギリギリの買取り額をご提示させていただきますのでどうかご安心してお任せくださいませ。

    おかげさまで当社は、今までの地道な買取実績を認めていただき、>年間買取り数は300件を越え、80%以上のご成約率を達成することも出来ました。また、業界大手の買取り会社様に査定精度の高さを認めていただき、買取りのご依頼を承るようにもなりました。

  2. お客様のご負担額は一切無料

    お客様が出張買取りをご依頼された場合でも、出張費や交通費などの費用は一切必要ございません。また宅配便で弊社にお品物をお送りいただく場合も「着払い」をご利用いただくことでお客様のご負担額は0円でございます。

    もちろん当社がお客様の希望される買取金額をご提示できなかった場合でも手数料などの諸費用は一切頂いておりません。

    お問い合わせいただいた時点で高額品と判断させて頂いた場合は、出張可能エリアに限らず全国どこへでも無料でお伺いさせていただきますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

  3. 幅広い商品を
一度に査定可能です!

    ◯大切なご家族を亡くされて
    「遺品整理」をお考えの方。
    ◯お引越しのタイミングに合わせて
    美術品や骨董品を処分したい方。
    ◯急にお金が必要に・・・。
    アンティーク品が高く売れるなら
    手放したい方。
    ◯近所のリサイクルショップに買い
    取ってもらうのは不安だという方。


    当社では幅広い分野の骨董品に精通しております。お客様が売却をお考えのお品物がたくさんございます場合でも、お客様の大切な想い出のお品ひとつひとつ精度の高い査定をさせて頂くます。

    「ご自宅一軒丸ごと」といった査定でも大丈夫です。おまとめ査定をご希望のお客様は、お電話にてお申し付けくださいませ。

このようなお品物を高くお買取いたします

  • 準備中です

  • 準備中です

  • 準備中です

  • 準備中です

骨董品全般のご売却、処分についてお気軽にご相談ください

茶杓の査定および高額査定のポイント

茶杓に限らず高額査定が期待できる骨董品になると「ニセモノ」が作られていることが多く、プロの目利きで鑑定してもらう必要があります。

また保存状態の悪いものや付属品といわれる箱や鑑定書の有無によっても査定額は大きくかわってきます。

茶杓は季節によって使い分けられます

茶の湯で使用する茶杓などは、一年中同じものを使うのではなく「千代の友」や「五月雨」といった銘入の茶杓は季節やお客様によって使い分けられ、そのような本格的な茶杓ともなれば茶道具としてだけでなく工芸品や美術品としての価値も高く国内だけでなく海外のコレクターからも支持されております。

もちろん年中使えるものとして「好日」「平安」「古今」「寿」といった銘もございます。

茶杓は三千家の茶人や千家十職の作品が人気です

高額取引される茶杓は表千家、裏千家、武者小路千家といった三千家の茶人の作品や千家十職(せんけじっそく)といわれる、茶道に関わり三千家に出入りする茶碗師、釜師、塗師、指物師、金物師、袋師、表具師、細工師、柄杓師、焼物師など十の職家などの茶杓は国内外のコレクターからも人気があります。作家としては黒田正玄、珠徳、南都窓栖などが有名です。

茶杓の査定や鑑定は専門家に依頼しましょう

茶杓などの茶道具には素人では見分けがつかないぐらいの種類がありその価値もピンからキリまであるといってよいでしょう。

知人からのいただきモノや遺品整理で偶然見つけたモノなど、茶道の世界とは全く縁の無い方の場合は、そのモノの価値を知らないまま二束三文で下取りに出してしまったり、処分してしまったりされる方もたくさんいらっしゃいます。

美術品や伝統工芸品として後世に伝えなければならない逸品を埋もれさせたままにしたり、抹消してしまうことのないように、少しでも疑問に思われたら気軽に当店までご連絡ください。

茶道具に詳しい経験と知識豊富な専門の鑑定士がご相談にのります。

買取までの流れ
関東エリアを中心に、無料で出張買取にお伺い致します
骨董品全般のご売却、処分についてお気軽にご相談ください

茶道具


LINE買取り承わります。
店舗へのアクセス
テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーにTV出演

買取り品目ページ

  • 茶道具
  • 中国美術品
  • 絵画
  • 掛け軸
  • 香木(伽羅・沈香)
  • 置物
  • 着物
  • 西洋アンティーク
  • 翡翠
  • 武具・甲冑
  • 古書
  • 彫刻品
  • 陶器
  • 壺
  • 珊瑚
  • 古銭
  • 象牙
  • 和楽器

カテゴリー

過去の記事

会社概要

株式会社かぐら堂
東京 目黒店
〒152-0002
東京都目黒区目黒本町4-18-9 1F

埼玉 和光店 本社
〒351-0112
埼玉県和光市丸山台2-6-20 1F

古物営業許可証
東京都公安委員会
第303301804593
埼玉県公安委員会
第431040031602

持込買取店舗

株式会社かぐら堂 目黒店

店舗へのアクセスはこちら

株式会社かぐら堂 和光店

店舗へのアクセスはこちら

かぐら堂グループ