琴の買取

日本の伝統的な弦楽器であり、1度は目にしたことがあるという方も多いでしょう。ピアノのように伴奏も可能と音楽性が高く、お茶やお花と並んで習い事としても人気があります。琴には細かく分けるといくつかの形がありますが、大きく分けると琴(きん)・箏(そう)・大正琴の3つに分類されます。
「琴なのに箏とは?」と思われるかもしれませんが、古代の日本では琴は弦楽器全般を指す名称であり、いくつもの種類が存在しました。現在、琴といわれるものは中国から伝来し、日本に溶け込んでいったものです。7本の弦を持ち、琴柱は使わずギターのように演奏します。
一方、箏と呼ばれるのは、13本の弦を持ち、琴柱で弦を支えるタイプで一般的に「おこと」と呼ばれている和楽器です。ですがこちらも、伝来もの。奈良時代に中国から雅楽の伝来とともに日本にやってきて、日本固有の和琴の座を奪ってしまいました。和琴は澄んだ美しい音色ですが音量が小さく、箏のほうが使い勝手が良かったのでしょう。現在は宮中祭祀で奉納される国風歌舞(くにぶりのうたまい)で演奏されるのみで特別な存在となっています。
雅楽で活躍していた箏ですが、江戸時代初期に盲人の音楽家が演奏したことで庶民にも親しまれる存在となり、生田流や山田流などたくさんの流派が生まれました。

練習用の箏であれば5万円ほどからありますが、高額なものは200万円を軽々と超えていきます。時間をかけてじっくりと乾燥させた桐の丸太を使いくり甲で仕上げ、麻型彫りや子持ち綾杉彫りなど凝った細工のものほど高額です。
習い事として人気がある一方で保管場所をとり、定期的なお手入れが必要なため、手放したいと考える方も増えています。

琴や箏を高価買取いたします。お気軽に鑑定をご相談下さい。

  • 出張買取

    買取価格250,000円

    琴 玉縁・くり甲琴 綾杉彫

  • 出張買取

    買取価格000,000円

    準備中です

  • 出張買取

    買取価格000,000円

    準備中です

  • 出張買取

    買取価格000,000円

    準備中です

当社が選ばれる3つの理由

  1. 熟練スタッフの査定により高価買取を実現!

    かぐら堂グループの「日本・中国骨董品買取協会」では、お客様が売却をお考えのさまざまなジャンルの査定品を鑑定するキャリア10年~20年の専門スタッフが在籍しております。

    もちろんスタッフ全員がお客様にご満足いただける高額買取を実現するために、茶道具や掛軸、アンティーク家具・食器、翡翠に珊瑚、陶磁器、刀剣、古書、絵画などの専門的な知識を習得し、それぞれの相場を十分考慮した上で当社に利益が残るギリギリの買取り額をご提示させていただきますのでどうかご安心してお任せくださいませ。

    おかげさまで当社は、今までの地道な買取実績を認めていただき、年間買取り数は300件を越え、80%以上のご成約率を達成することも出来ました。また、業界大手の買取り会社様に査定精度の高さを認めていただき、買取りのご依頼を承るようにもなりました。

  2. お客様のご負担額は一切無料

    お客様が出張買取りをご依頼された場合でも、出張費や交通費などの費用は一切必要ございません。また宅配便で弊社にお品物をお送りいただく場合も「着払い」をご利用いただくことでお客様のご負担額は0円でございます。

    もちろん当社がお客様の希望される買取金額をご提示できなかった場合でも手数料などの諸費用は一切頂いておりません。

    お問い合わせいただいた時点で高額品と判断させて頂いた場合は、出張可能エリアに限らず全国どこへでも無料でお伺いさせていただきますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

  3. 幅広い商品を
一度に査定可能です!

    ◯大切なご家族を亡くされて
    「遺品整理」をお考えの方。
    ◯お引越しのタイミングに合わせて
    美術品や骨董品を処分したい方。
    ◯急にお金が必要に・・・。
    アンティーク品が高く売れるなら
    手放したい方。
    ◯近所のリサイクルショップに買い
    取ってもらうのは不安だという方。


    当社では幅広い分野の骨董品に精通しております。お客様が売却をお考えのお品物がたくさんございます場合でも、お客様の大切な想い出のお品ひとつひとつ精度の高い査定をさせて頂くます。

    「ご自宅一軒丸ごと」といった査定でも大丈夫です。おまとめ査定をご希望のお客様は、お電話にてお申し付けくださいませ。

このようなお品物を高くお買取いたします

  • 演奏用お琴 13弦 綾杉彫り

  • 準備中です

  • 準備中です

  • 準備中です

骨董品全般のご売却、処分についてお気軽にご相談ください

琴や箏の鑑定ポイント

箏の鑑定は付属品によっても左右されます

箏は本体の素材や細工はもちろんのこと、爪や柱、弦・琴袋・琴台・柱箱など、付属品の有無やその質によって鑑定額も変動します。弦はナイロンやテトロンが主流ですが絹のほうが高価で、柱はプラスチックもありますが象牙で作られ細工を施したもののほうが当然ながら査定もプラスになります。

細工や裏板の取り付け

箏の音を響かせるために内部に細工を施すのですが、この美しさや複雑さも鑑定ポイントとなります。一番は麻型彫り、子持ち綾杉彫り、綾杉彫り、すだれ彫りの順で価値が高くなる傾向にあります。また、細工だけでなく、裏板の取り付け方法にもポイントがあり、接合面が見えている「並甲」よりも、接合面が見えにくい加工がされている「くり甲」のほうが高額査定となるでしょう。

適切な保管ができているか

琴や箏は乾燥や湿気に弱く、割れや狂いが生じてしまいます。そうなると価値はグンと下がってしまうため、直射日光や冷暖房の風が直撃しない場所で保管し、月に一度ほど風通しのいい場所で乾拭きをすることをおすすめします。

鑑定は専門家に

琴や箏の鑑定は、誰にでもできるものではありません。和楽器の鑑定を熟知したプロに依頼することが高額査定の一番のポイントとなります。リサイクルショップで鑑定した際はイマイチであった買取額も、プロが査定すればびっくりするような高額査定となることも珍しくありません。もし、琴や箏の買取をお考えであれば、専門知識があり市場相場を知り尽くしている当店にお気軽にご相談ください。

買取までの流れ
関東エリアを中心に、無料で出張買取にお伺い致します
骨董品全般のご売却、処分についてお気軽にご相談ください

和楽器


LINE買取り承わります。
店舗へのアクセス
テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーにTV出演

買取り品目ページ

  • 茶道具
  • 中国美術品
  • 絵画
  • 掛け軸
  • 香木(伽羅・沈香)
  • 置物
  • 着物
  • 西洋アンティーク
  • 翡翠
  • 武具・甲冑
  • 古書
  • 彫刻品
  • 陶器
  • 壺
  • 珊瑚
  • 古銭
  • 象牙
  • 和楽器

カテゴリー

過去の記事

会社概要

株式会社かぐら堂
東京 目黒店
〒152-0002
東京都目黒区目黒本町4-18-9 1F

埼玉 和光店 本社
〒351-0112
埼玉県和光市丸山台2-6-20 1F

古物営業許可証
東京都公安委員会
第303301804593
埼玉県公安委員会
第431040031602
特別国際種事業者
登録番号00067

持込買取店舗

株式会社かぐら堂 目黒店

店舗へのアクセスはこちら

株式会社かぐら堂 和光店

店舗へのアクセスはこちら