山元春挙作品 日本画の買取査定

山元春挙作品 日本画の買取査定

今日は、埼玉県三郷市のお宅に鑑定にいってきました。お話をうかがうと、知り合いから購入されたそうですが、引っ越しがあるので売却を…とのこと。とても大切に保管されていたようで、状態もよく、高値をつけさせていただきました。日本画などの美術品を手に入れられたときは、やはり保存を上手に行うことがポイントですね。より、高価買取が実現します。

今日は、高額鑑定となる、日本画家として活躍した山元春挙(やまもと しゅんきょ1872年1月4日~1933年7月12日)についてお話しましょう。明治~昭和のはじめに活躍した人です。

滋賀県に生まれ、12歳のころに日本画家野村文拳のところに入門した春挙は、その後明治18年に森寛斎のもとで学ぶことになり、その翌年、「呉孟」「菊に雀」を出品(京都青年絵画共進会)。このとき、一等褒状を受けたといいます。

明治34年には、作品「法塵一掃」で1等2席の評価(第7回新古美術品展)を得ることに。翌年には、文展開設にともない審査委員となりました。その後、1922年にはパリ日仏交換展に「義士隠栖」「秋山図」を出品。1926年にはフランス政府からシュヴァリエ・ドラ・レジョン・ドヌール勲章を受けるなど、数々の作品を残しています。

近代京都画壇を代表する画家として、人気を博した春挙の画風は、四条派の作風を残しつつ、西洋の特徴を取り入れたところが特徴で、とてもスケールの大きい風景が素晴らしいと評価を受けていました。特に春挙らしさが出ている作品は、「瑞祥」(1931年)。雄大さが光る作品となっています。

このような日本画の買取なら、当店にお任せください。私がお伺いして査定させていただきます。お品物によっては高価買取も可能!どうぞお気軽にお電話ください。

骨董品や掛軸の買取り

遺品整理やお蔵整理、先代が収集されていた骨董品を専門家が査定致します。
買われた当初より高くなっている商品もございますが価格が落ちている商品もございます。
査定については、今現在どれくらいで取引されているかによります。
査定額についても丁寧に説明させて頂きます。
専門知識のあるスタッフが査定にお伺い致しますのでご安心下さい。

 



«   |   »


LINE買取り承わります。
店舗へのアクセス
テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーにTV出演

買取り品目ページ

  • 茶道具
  • 中国美術品
  • 絵画
  • 掛け軸
  • 香木(伽羅・沈香)
  • 置物
  • 着物
  • 西洋アンティーク
  • 翡翠
  • 武具・甲冑
  • 古書
  • 彫刻品
  • 陶器
  • 壺
  • 珊瑚
  • 古銭
  • 象牙
  • 和楽器
  • 書道具

カテゴリー

過去の記事

会社概要

株式会社かぐら堂
東京 目黒店
〒152-0002
東京都目黒区目黒本町4-18-9 1F

埼玉 和光店 本社
〒351-0112
埼玉県和光市丸山台2-6-20 1F

古物営業許可証
東京都公安委員会
第303301804593
埼玉県公安委員会
第431040031602
特別国際種事業者
登録番号00067

持込買取店舗

株式会社かぐら堂 目黒店

店舗へのアクセスはこちら

株式会社かぐら堂 和光店

店舗へのアクセスはこちら