梁啓超 書画の鑑定・査定

梁啓超 書画の鑑定・査定

つい先日、墨田区に、中国書画の買取りにいってきました。昔、親戚の方から譲り受けたものということで、お客様ご自身は、大して価値はないのでは?と思っていたそうですが、拝見すると見事な掛軸で、高価買取させていただくことができました。

ここのところ中国美術品、中国骨董品の鑑定のご依頼が多くなっていますので、今日は、書画で有名な、清末民初の政治家、梁 啓超(りょう けいちょう 1873-1929)についてお話しましょう。成績優秀だった梁 啓超は、17歳の若さで広東郷試に合格。挙人となった人物で、ジャーナリストでもあります。

1895年、北京にいた梁啓超は、下関条約の詳細を知ると、上書(康有為が代表)を三度行い、翌年1896年には、「時務報」の主筆を担い上海で活動を開始。さらに翌年には、民権論を広めたといいます。

戊戌の政変(1898年9月21日)が起こったとき、梁啓超は、日本に亡命。日本政府は、これを認め、大島丸(軍艦)に乗せたそうです。そして、「変法自強」を宣伝、横浜で、雑誌「清議報」を創刊したといいます。

その後、西欧の思想を自らの著作に取り入れていき、1901年には「清議報」に過度時代論を発表しました。晩年は、自分の作風を改め、伝統中国の思想を評価した結果、西洋文明と中国文明を融合させるために、さらに研究をすすめていったそうです。

梁啓超の著作には、1898年戊戌政変記、1902年新民説、1902年十五小豪傑、1921年清代学術概論、墨子学案、1922年先秦政治思想史、1922年『中国歴史研究法、1926年中国近三百年学術史などがあり、有名です。

当店では、書画をはじめ、さまざまな骨董品の鑑定を行っています。売却をお考えなら、今すぐお電話ください。関東近郊ならお伺いして査定させていただきます。

中国美術品 掛軸や陶器を高価買取致します。

現在、勢いのある中国が昔日本に流れた中国の美術品や骨董品を買戻しに来ている傾向がございます。
必然的に価格は高騰し、数十万で買われた掛軸や壷などが数百万から数千万で取引されております。
作家にもよりますが、想像を遥かにに上回る価格で買取出来る場合もございますので、
汚れているから。。状態が悪いから。。と捨ててしまう前に、当社専門店までお気軽にお問い合わせ下さい。

お品物一覧

青花、五彩、粉彩、青磁、白磁、辰砂、七宝、琺瑯、釉裡紅、景徳鎮、龍泉窯、磁州窯、釣窯、哥窯、汝窯 翡翠、珊瑚、玉、白玉、古家具、古書、中国古銭、中国切手

作家ご紹介

仇英(きゅうえい)、文徴明(ぶんちょうめい)、黄君壁(こうくんぺき)王一亭(おういってい) 、王鐸(おうたく) 、白雪石(はくせっせき)石濤(せきとう)、任伯年(にんぱくねん)、朱銘(しゅめい)、何紹基(かしょうき)、呉昌碩(ごしょうせき)、呉冠中(ごかんちゅう)、李可染(りかせん)、林風眠(りふうみん)、金農(きんのう)范曽(はんそう)、孫文(そんぶん)、徐悲鴻(じょひこう)、潘天寿(はんてんじゅ)康有為(こうゆうい)、張大千(ちょうたいせん)、張瑞図(ちょうずいとう)、郭沫若(かくまつじゃく)梁啓超(りょうけいちょう)、陳逸飛(ちんいっぴ)、楊守敬(ようしゅけい)、董其昌(とうきしょう)董寿平(とうじゅへい)、斉白石(さいはくせき)、啓功(けいこう)、趙之謙(ちょうしけん)、鄭板橋(ていはんきょう)、傅山(ふざん)、藍瑛(らんえい)、王沂東、靳尚誼、朱屺瞻、陳丹青、艾軒、羅中立、詹建俊、陳澄波、全山石、趙無極、呉大羽、衛天霖、劉小東王玉琦、陳永林、楊三郎、藍隠鼎、張蘭傳



«   |   »


LINE買取り承わります。
店舗へのアクセス
テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーにTV出演

買取り品目ページ

  • 茶道具
  • 中国美術品
  • 絵画
  • 掛け軸
  • 香木(伽羅・沈香)
  • 置物
  • 着物
  • 西洋アンティーク
  • 翡翠
  • 武具・甲冑
  • 古書
  • 彫刻品
  • 陶器
  • 壺
  • 珊瑚
  • 古銭
  • 象牙
  • 和楽器
  • 書道具

カテゴリー

過去の記事

会社概要

株式会社かぐら堂
東京 目黒店
〒152-0002
東京都目黒区目黒本町4-18-9 1F

埼玉 和光店 本社
〒351-0112
埼玉県和光市丸山台2-6-20 1F

古物営業許可証
東京都公安委員会
第303301804593
埼玉県公安委員会
第431040031602
特別国際種事業者
登録番号00067

持込買取店舗

株式会社かぐら堂 目黒店

店舗へのアクセスはこちら

株式会社かぐら堂 和光店

店舗へのアクセスはこちら