何紹基の書 買取り査定

何紹基の書 買取り査定

先日、板橋のお客様のところに、有名な詩人の書(掛軸)の買取りにいってきました。湿気や紫外線などの影響を受けないようきちんと保管されていたようで、年数が経っているものだったにもかかわらず、とても状態のよいお品物でした。皆さんも書の保管には十分に注意なさってくださいね。

さて、今日は、清代後期の有名な詩人、学者、そして能書家でもある「何紹基(かしょうき 1799-1873)」についてご紹介したいと思います。戸部尚書を務めた何凌漢の長男として道州に生まれ、1836年には進士(昔の中国において、官吏登用試験(科挙)の科目を合格した者)となった何紹基は、行草書などの作品を多く残しています。

何紹基についた号は、東洲、蝯叟であり、この号は、書を書く際、腕を思い切り伸ばし、書いていたことを表しています。

何紹基は、書では顔真卿を基礎とし活躍しましたが、それと同時に篆刻(てんこく)をしたり、古代中国の古文である鐘鼎文字などを学んだりしており、また、何紹基独自の書風で作品を書き続けたことが多くの人の心を動かしたといいます。亡くなるまで、非常にスケールの大きい作品を手がけ、高く評価されたといわれています。

当店では、このように有名な書家などの作品を、幅広く取り扱っております。売却をご検討中の方は、ぜひ、一度ご連絡ください。鑑定士がお伺いさせていただきます。

中国美術品 掛軸や陶器を高価買取致します。

現在、勢いのある中国が昔日本に流れた中国の美術品や骨董品を買戻しに来ている傾向がございます。
必然的に価格は高騰し、数十万で買われた掛軸や壷などが数百万から数千万で取引されております。
作家にもよりますが、想像を遥かにに上回る価格で買取出来る場合もございますので、
汚れているから。。状態が悪いから。。と捨ててしまう前に、当社専門店までお気軽にお問い合わせ下さい。

お品物一覧

青花、五彩、粉彩、青磁、白磁、辰砂、七宝、琺瑯、釉裡紅、景徳鎮、龍泉窯、磁州窯、釣窯、哥窯、汝窯 翡翠、珊瑚、玉、白玉、古家具、古書、中国古銭、中国切手

作家ご紹介

仇英(きゅうえい)、文徴明(ぶんちょうめい)、黄君壁(こうくんぺき)王一亭(おういってい) 、王鐸(おうたく) 、白雪石(はくせっせき)石濤(せきとう)、任伯年(にんぱくねん)、朱銘(しゅめい)、何紹基(かしょうき)、呉昌碩(ごしょうせき)、呉冠中(ごかんちゅう)、李可染(りかせん)、林風眠(りふうみん)、金農(きんのう)范曽(はんそう)、孫文(そんぶん)、徐悲鴻(じょひこう)、潘天寿(はんてんじゅ)康有為(こうゆうい)、張大千(ちょうたいせん)、張瑞図(ちょうずいとう)、郭沫若(かくまつじゃく)梁啓超(りょうけいちょう)、陳逸飛(ちんいっぴ)、楊守敬(ようしゅけい)、董其昌(とうきしょう)董寿平(とうじゅへい)、斉白石(さいはくせき)、啓功(けいこう)、趙之謙(ちょうしけん)、鄭板橋(ていはんきょう)、傅山(ふざん)、藍瑛(らんえい)、王沂東、靳尚誼、朱屺瞻、陳丹青、艾軒、羅中立、詹建俊、陳澄波、全山石、趙無極、呉大羽、衛天霖、劉小東王玉琦、陳永林、楊三郎、藍隠鼎、張蘭傳

 



«   |   »


LINE買取り承わります。
店舗へのアクセス
テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーにTV出演

買取り品目ページ

  • 茶道具
  • 中国美術品
  • 絵画
  • 掛け軸
  • 香木(伽羅・沈香)
  • 置物
  • 着物
  • 西洋アンティーク
  • 翡翠
  • 武具・甲冑
  • 古書
  • 彫刻品
  • 陶器
  • 壺
  • 珊瑚
  • 古銭
  • 象牙
  • 和楽器

カテゴリー

過去の記事

会社概要

株式会社かぐら堂
東京 目黒店
〒152-0002
東京都目黒区目黒本町4-18-9 1F

埼玉 和光店 本社
〒351-0112
埼玉県和光市丸山台2-6-20 1F

古物営業許可証
東京都公安委員会
第303301804593
埼玉県公安委員会
第431040031602
特別国際種事業者
登録番号00067

持込買取店舗

株式会社かぐら堂 目黒店

店舗へのアクセスはこちら

株式会社かぐら堂 和光店

店舗へのアクセスはこちら