梅原龍三郎 洋画の売却・絵画買取

梅原龍三郎 洋画の売却・絵画買取

仏教美術を陳列するイベントが、横浜市中区の神奈川県立歴史博物館で、開かれています(8月23日まで開催)。彫刻、絵画、書、工芸という全4コーナーで合計68点が展示されているとのこと。絵画の作品では、曼荼羅(まんだら)、十六羅漢図など、迫力のある作品が展示されているようです。近々、横浜のお客様のところに出張買取に伺う予定なので、ぜひ行ってみようかなと思っております。なかなか大きな規模のイベントなので、皆さんもぜひ足を運んでみてください。

さて、絵画作品の話をしましたので、仏教とは別の世界ではありますが、日本絵画界の重鎮といわれた梅原龍三郎(うめはらりゅうざぶろう 1888年~1983年)についてご紹介します。

梅原龍三郎は日本の洋画界の中で裸婦像を描いた有名な作家で、京都市下京区生まれ、染物問屋が実家でした。そのせいでしょうか、絢爛な色彩が特徴の絵画作品を数多く残しています。また、美しい色彩と非常に大胆なタッチの線が、装飾的な世界を生みだしたといわれ、主な作品には、「横臥裸婦」「立裸婦」「雲中天壇」「竹窓裸婦」などがあります。山梨県の小淵沢に、新宿にあった梅原邸から移築した梅原龍三郎アトリエがありますので、興味のある方は、是非足を運んでみてください。

当店では、このような絵画、洋画などの買取を行っております。豊富な商品知識で丁寧にご説明させて頂きます。絵画の売却をご検討でしたら、いつでもご連絡ください。

骨董品や掛軸の買取り

遺品整理やお蔵整理、先代が収集されていた骨董品を専門家が査定致します。
買われた当初より高くなっている商品もございますが価格が落ちている商品もございます。
査定については、今現在どれくらいで取引されているかによります。
査定額についても丁寧に説明させて頂きます。
専門知識のあるスタッフが査定にお伺い致しますのでご安心下さい。

 



«   |   »


LINE買取り承わります。
店舗へのアクセス
テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーにTV出演

買取り品目ページ

  • 茶道具
  • 中国美術品
  • 絵画
  • 掛け軸
  • 香木(伽羅・沈香)
  • 置物
  • 着物
  • 西洋アンティーク
  • 翡翠
  • 武具・甲冑
  • 古書
  • 彫刻品
  • 陶器
  • 壺
  • 珊瑚
  • 古銭
  • 象牙
  • 和楽器

カテゴリー

過去の記事

会社概要

株式会社かぐら堂
東京 目黒店
〒152-0002
東京都目黒区目黒本町4-18-9 1F

埼玉 和光店 本社
〒351-0112
埼玉県和光市丸山台2-6-20 1F

古物営業許可証
東京都公安委員会
第303301804593
埼玉県公安委員会
第431040031602
特別国際種事業者
登録番号00067

持込買取店舗

株式会社かぐら堂 目黒店

店舗へのアクセスはこちら

株式会社かぐら堂 和光店

店舗へのアクセスはこちら