常滑焼の買取・鑑定・査定

常滑焼の高価買取

常滑焼といえば朱色のシンプルな朱泥焼(しゅでいやき)の急須が有名ですが、古いものは現代の素材や製造過程と異なりお茶の味にも影響を与えます。現代では再現できない技術のため、古いものは買取価格も高くなる傾向にあります。また、最近のものでも、人気作家や人間国宝の作品であれば高価買取が可能です。

常滑焼の特徴

愛知県の常滑市を中心に知多半島内で生産されている焼物で、日本六古窯の一つ。平安時代末期にはすでに多くの窯が築かれたという記録が残っており、鎌倉時代から室町時代にかけて最盛期を迎えます。初期は古常滑と呼ばれており、経塚壷(きょうづかつぼ)や山茶碗や山皿が作られていました。
江戸時代には工芸品の制作もはじまり、明治時代初期にはおなじみの朱泥焼手法が開発され私達がよく知る常滑焼が完成します。現代では帝国ホテルの外壁タイルを手がけるなど多彩なアイテムも魅力の一つです。

常滑焼の壺・骨董品の鑑定ポイント

古い作品や人気作家の作品は高価買取の対象になりやすく、中でも人間国宝である三代山田常山の品は価格が安定しています。また、高値のつきやすいアイテムは江戸時代以降によく作られるようになった急須ですね。使い込むほど艶のでる常滑焼は、その色合いによってさらに高価買取が期待できます。

<三代山田常山(やまだ じょうざん) >急須

古い作品や人気作家の作品は高価買取の対象になりやすく、中でも人間国宝である三代山田常山の品は価格が安定しています。また、高値のつきやすいアイテムは江戸時代以降によく作られるようになった急須ですね。使い込むほど艶のでる常滑焼は、その色合いによってさらに高価買取が期待できます。

<上村白鴎 (かみむら はくおう)>人物や動物の陶彫、酒器や茶器

江戸時代中期から後期にかけて活躍した名工で、ヘラを使った人物や動物の陶彫や、酒器や茶器を得意としていました。

常滑焼の買取相場

常滑焼の買取一例を紹介すると下記の通りですが、箱や小物などの付属品があればさらに高価買取が期待できます。

三代山田常山作の急須は6万円から。

常滑焼だけでなく骨董品の価値を査定するためには、時代背景や美術品などに対する広く深い知識だけでなく、現在の相場にも明るい必要があります。当店のスタッフは、骨董品・美術品のプロであり業界一丁寧な対応を心がけております。出張鑑定も可能ですので、お手元の常滑焼の査定額を知りたいという場合には、ぜひご相談ください。

新作陶器・壺の取扱作家一覧

北大路魯山人、 真葛香山、川喜多半泥子、諏訪蘇山、酒井田柿右衛門、今泉今右衛門、藤原 雄、小山富士夫、三輪休雪、三輪壽雪、金城次郎、加藤卓男、島岡達三、川瀬 忍、山田常山、鈴木治、清水卯一、松井康成、辻 清明、徳田八十吉、三浦小平二、伊勢崎 淳、細川護熙、和太守卑良、バーナードリーチ、ルーシーリーなど

新作陶器・壺


LINE買取り承わります。
テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーにTV出演

買取り品目ページ

  • 茶道具・茶掛け
  • 新作陶器・壺
  • 掛け軸・日本画・油絵
  • 中国美術品・骨董品
  • 香木(伽羅・沈香)

カテゴリー

過去の記事

会社概要

株式会社かぐら堂グループ
日本中国骨董品買取協会事務室
〒151-0066
東京都渋谷区西原2-29-4
(事務室)
TEL 03-5284-8588

持込買取店舗

  1. 東京都足立区千住店
  2. 埼玉県和光市店

▶店舗詳細はこちら

古物営業許可証
埼玉県公安委員会
第431040031602

代表取締役 桑原義明

かぐら堂グループ