備前焼の買取・鑑定・査定

bizen3

日本文化の代表ともいえる焼き物。陶磁器の魅力は形、色、風合いなど、その美しさにあります。中でも備前焼は日本の六古窯のひとつで、高価買取が実現する陶器として有名です。そこで、その特徴や鑑定ポイントなどについてご紹介します。

備前焼の高価買取

bizen1

日本の六古窯の中でもっとも古い歴史を持つのが備前焼です。産地は、岡山県の備前市伊部(いんべ)地区。松割木で高温(1200度~1300度)により2週間焼き締めるのが特徴で、一切釉薬を使用しません。この「無釉焼き締め」という方法は今でも備前焼の伝統として守り継がれています。

備前焼の陶器は、温度の変化、使用する土、窯に入れた状態、炭や灰の状態などにより表面にさまざまな模様が生じます。色は茶褐色ですが、やはりひとつひとつ色合いが異なる作品が出来あがります。

また、備前焼の最大の特徴は、非常に堅いこと。そのため、昔から大きな壺や甕、すり鉢などが作られていました。最近では、きめ細かい泡が生じるポイントを生かしたビールグラスや通気性のある花瓶などが作られています。

備前焼の壺・骨董品の鑑定ポイント

th_bizen2

備前焼に多い壺など、高価買取が実現する品物は有名作家の作品です。そのため、作家を正確に見分けることが鑑定時のポイントとなります。陶器には作家名の陶印が施されていますので、プロがこれを見れば作者がわかります。ここでは、高価査定が可能な作家をご紹介しましょう。

<中村六郎作>徳利などの酒器類

徳利を多く残した陶芸家「中村六郎」の作品は、とても深い味わいのある色合いが特徴。とても野性味がある作風が多くの人に好まれています。とっくりの六郎、酒器の神様などと呼ばれるほど、酒器に精通していました。

<金重素山作>伊部ゆのみやぐい呑みなど

人間国宝である金重陶陽の実弟で、1983年県指定重要無形文化財保持者となった人物です。さらに、岡山県文化賞、文化庁長官表彰、勲四等旭日小綬章を叙勲されています。

<石井不老作>赤の楽茶碗、般若心経の宝瓶など

岡山県重要無形文化財保侍者であり、朝霧焼の技法で「不老の赤焼を完成させた人物です。備前茶陶、細工物の名工といわれています。

<藤原啓作>松竹梅透大徳利など

重要無形文化財「備前焼」保持者『人間国宝』に認定された人物。温かみのある作風が特徴です。

備前焼の買取相場

備前焼き買取相場の一例は以下の通りですが、色合いなどによりさらに高価買取が期待できます。

中村六郎作の徳利は33万円前後。
金重素山作の伊部ゆのみは13万円前後、白化粧ぐい呑みは9万円前後。

備前焼などの陶器の価値を正確に見分けるためには、豊富な経験と知識が必要です。当店なら骨董品・美術品のプロが在籍していますので、出張査定により高価買取が可能。お伺いした際に、正確な査定価格をお伝えしますので、問題がなければその場で買取が実現します。お気軽にご依頼ください。

新作陶器・壺の取扱作家一覧

北大路魯山人、 真葛香山、川喜多半泥子、諏訪蘇山、酒井田柿右衛門、今泉今右衛門、藤原 雄、小山富士夫、三輪休雪、三輪壽雪、金城次郎、加藤卓男、島岡達三、川瀬 忍、山田常山、鈴木治、清水卯一、松井康成、辻 清明、徳田八十吉、三浦小平二、伊勢崎 淳、細川護熙、和太守卑良、バーナードリーチ、ルーシーリーなど

新作陶器・壺


LINE買取り承わります。
テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーにTV出演

買取り品目ページ

  • 茶道具・茶掛け
  • 新作陶器・壺
  • 掛け軸・日本画・油絵
  • 中国美術品・骨董品
  • 香木(伽羅・沈香)

カテゴリー

過去の記事

会社概要

株式会社かぐら堂グループ
日本中国骨董品買取協会事務室
〒151-0066
東京都渋谷区西原2-29-4
(事務室)
TEL 03-5284-8588

持込買取店舗

  1. 東京都足立区千住店
  2. 埼玉県和光市店

▶店舗詳細はこちら

古物営業許可証
埼玉県公安委員会
第431040031602

代表取締役 桑原義明

かぐら堂グループ