美濃焼の買取・鑑定・査定

骨董品の中で特に人気のあるお品物に、さまざまな産地の陶磁器があります。当店は、陶磁器をはじめとし、絵画、掛軸、彫刻品などの美術品を扱う買取専門店ですが、お客様から美濃焼についてご質問を受けることがありますので、ここでは高価買取が期待できる美濃焼についてご紹介したいと思います。

美濃焼の高価買取

焼き物というと、通常は有田焼、備前焼、九谷焼などの産地を思い浮かべる方も多いかとも思いますが、美濃焼はこれらと少し異なります。通常は、その産地ごとに1つの様式がありますが、美濃焼の場合は1つではなく、織部焼、志野焼、瀬戸焼など複数の様式をまとめた総称であるといわれています。

また、陶器だけでなく磁器も含まれており、東美濃地方(土岐市、多治見市あたり)においてつくられた陶磁器をまとめて美濃焼と呼ぶため、その数は国内で生産される陶磁器の50%を占めると言われています。

美濃焼は、15世紀ごろは瀬戸と同じものが焼かれていましたが、安土桃山時代になると織部、黄瀬戸、志野、瀬戸黒など桃山陶と呼ばれるものが産出されるようになり、明治を過ぎてから美濃焼という言葉が使われるようになりました。磁器が作られ量産されていったのが江戸後期から明治初頭といわれています。

そして昭和以降、北大路魯山人や荒川豊蔵などの陶芸家が、この桃山陶を再現したことで、美濃焼の人気が高まったのです。美濃焼は有名作家の品物などを中心に高価買取されていますので、ご売却を検討中の方は、ぜひ当店にご相談ください。

唐美濃焼の鑑定ポイント

ポイント1有名作家の作品であるかどうか

人間国宝(重要無形文化財技術保持者)に認定された荒川豊蔵、加藤孝造などの品物は高価買取が実現します。荒川豊蔵は瀬戸黒を復興させ、その豊蔵に師事した加藤孝造は瀬戸黒、黄瀬戸、志野などを作成。多くの茶道具が高く評価されています。

ポイント2古い時代のものかどうか

美濃焼の歴史は古く、平安時代においては灰釉陶器や無釉の山茶碗などが焼かれており、室町時代になると、釉薬を使用した本格的な陶器が焼かれるようになりました。室町末期の美濃焼は、地元のやわらかい土味を活かした作風が特徴といわれ、その後桃山時代には黄瀬戸、志野、瀬戸黒など、多くの茶道具(茶碗・茶入・花入)が誕生しています。このような古いお品物は、価値が高く、高価で取引されています。

ポイント3保管状態がよいかどうか

古いお品物は高価買取が期待できますが、保存状態がよいかどうかもポイントとなります。欠けや割れがない状態のものほど高値がつきますので、日頃から大切に保管しておくことが大切です。鑑定書なども一緒に保管しておくようにしましょう。

美濃焼の買取相場

美濃焼は、古い商品や人気のある現代作家のものなど、高価買取が期待できます。ご売却をお考えの方は、ぜひ当店に査定をご依頼ください。ご自宅にお伺いし、出張買取させていただきます。

新作陶器・壺の取扱作家一覧

北大路魯山人、 真葛香山、川喜多半泥子、諏訪蘇山、酒井田柿右衛門、今泉今右衛門、藤原 雄、小山富士夫、三輪休雪、三輪壽雪、金城次郎、加藤卓男、島岡達三、川瀬 忍、山田常山、鈴木治、清水卯一、松井康成、辻 清明、徳田八十吉、三浦小平二、伊勢崎 淳、細川護熙、和太守卑良、バーナードリーチ、ルーシーリーなど

新作陶器・壺


LINE買取り承わります。
テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーにTV出演

買取り品目ページ

  • 茶道具・茶掛け
  • 新作陶器・壺
  • 掛け軸・日本画・油絵
  • 中国美術品・骨董品
  • 香木(伽羅・沈香)

カテゴリー

過去の記事

会社概要

株式会社かぐら堂グループ
日本中国骨董品買取協会事務室
〒151-0066
東京都渋谷区西原2-29-4
(事務室)
TEL 03-5284-8588

持込買取店舗

  1. 東京都足立区千住店
  2. 埼玉県和光市店

▶店舗詳細はこちら

古物営業許可証
埼玉県公安委員会
第431040031602

代表取締役 桑原義明

かぐら堂グループ