磁州窯の買取査定・鑑定・相場

磁州窯の買取査定・鑑定・相場

先日は”小江戸川越”と呼ばれる川越へ出張に行ってきました。江戸時代には城下町として栄え、今では川越城本丸御殿や蔵造りの町並みなど江戸の情緒を感じられる観光スポットとして多くの観光客が訪れます。仕事で訪れたはずなのに、ついつい足を止めてしまうエリアも多く楽しい時間を過ごしました。川越まつり会館も見学しましたが、週末には実際に川越まつりが開催されるとのこと。勇壮な山車が動いてるのをみるべく、再び川越を訪れようかと考えております。

さて、蔵造りの町並みのように白黒のコントラストが美しい磁州窯。河北省を中心に千年以上栄え、金や元・明代に黄金期を迎えました。素朴で味わい深い装飾が施されていますが、これは「掻落し(かきおとし)」といって、表面を削り模様を描いていくものです。実用的な皿やツボなども多く残っておりますが、宮廷に献上されたような繊細な作品もあり2千5百万の値がつく銘品を拝見したこともあります。

お手元にある磁州窯の作品を鑑定してみるとびっくりするような高額!となるかもしれませんね。気になるという場合には、お気軽にご相談ください。中国美術品を鑑定するプロが出張査定を承ります。売却や、買取についてもお手伝いいたします。

中国美術品 掛け軸や陶器を高価買取致します。

現在、勢いのある中国が昔日本に流れた中国の美術品や骨董品を買戻しに来ている傾向がございます。
必然的に価格は高騰し、数十万で買われた掛軸や壷などが数百万から数千万で取引されております。
作家にもよりますが、想像を遥かにに上回る価格で買取出来る場合もございますので、
汚れているから。。状態が悪いから。。と捨ててしまう前に、当社専門店までお気軽にお問い合わせ下さい。

お品物一覧

青花、五彩、粉彩、青磁、白磁、辰砂、七宝、琺瑯、釉裡紅、景徳鎮、龍泉窯、磁州窯、釣窯、哥窯、汝窯 翡翠、珊瑚、玉、白玉、古家具、古書、中国古銭、中国切手

作家ご紹介

仇英(きゅうえい)、文徴明(ぶんちょうめい)、黄君壁(こうくんぺき)王一亭(おういってい) 、王鐸(おうたく) 、白雪石(はくせっせき)石濤(せきとう)、任伯年(にんぱくねん)、朱銘(しゅめい)、何紹基(かしょうき)、呉昌碩(ごしょうせき)、呉冠中(ごかんちゅう)、李可染(りかせん)、林風眠(りふうみん)、金農(きんのう)范曽(はんそう)、孫文(そんぶん)、徐悲鴻(じょひこう)、潘天寿(はんてんじゅ)康有為(こうゆうい)、張大千(ちょうたいせん)、張瑞図(ちょうずいとう)、郭沫若(かくまつじゃく)梁啓超(りょうけいちょう)、陳逸飛(ちんいっぴ)、楊守敬(ようしゅけい)、董其昌(とうきしょう)董寿平(とうじゅへい)、斉白石(さいはくせき)、啓功(けいこう)、趙之謙(ちょうしけん)、鄭板橋(ていはんきょう)、傅山(ふざん)、藍瑛(らんえい)、王沂東、靳尚誼、朱屺瞻、陳丹青、艾軒、羅中立、詹建俊、陳澄波、全山石、趙無極、呉大羽、衛天霖、劉小東王玉琦、陳永林、楊三郎、藍隠鼎、張蘭傳



«   |   »


LINE買取り承わります。
店舗へのアクセス
テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショーにTV出演

買取り品目ページ

  • 和楽器
  • 茶道具
  • 中国美術品
  • 絵画
  • 掛け軸
  • 香木(伽羅・沈香)
  • 置物
  • 着物
  • 西洋アンティーク
  • 翡翠
  • 武具・甲冑
  • 古書
  • 彫刻品
  • 陶器
  • 壺
  • 珊瑚
  • 古銭
  • 象牙

カテゴリー

過去の記事

会社概要

株式会社かぐら堂
和光 本社
〒351-0112
埼玉県和光市丸山台2-6-20 1F

古物営業許可証
埼玉県公安委員会
第431040031602

持込買取店舗

株式会社かぐら堂
目黒店
〒152-0002
東京都目黒区目黒本町4-18-9 1F

▶店舗へのアクセスはこちら

株式会社かぐら堂
和光店
〒351-0112
埼玉県和光市丸山台2-6-20 1F

▶店舗へのアクセスはこちら

かぐら堂グループ